スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“放射能から子供を守ろう@守谷”に参加してきました。

少し前の話になりますが、9月10日に“放射能汚染から子供を守ろう@守谷”の茶話会にhirokoと参加してきました。
守谷市、取手市はいわゆるホットスポット、
その中でこれは子供を抱える主にお母さん方の地域での取り組みです。
具体的には、市長との対話の申し込み、市による校庭の除染作業実施についての署名活動などが行われてきました。
こういった活動の成果として、守谷市では保育園・幼稚園、小学校は校庭の除染作業が行われることになりました。

茶話会では、
これから市に要望していきたいこと、
親として抱える不安のこと、
保育園や学校によって対応が異なる給食・除染作業についての情報等について、意見交換をしていました。
当たり前ですが、この会に参加しているお母さん方はみんな真剣です。
私も日々の生活の中で、何か自分にできることはないか?と模索中です。

しかし、これも当然かもしれませんが地域住民の中でも、家庭環境や世代など様々な背景があろうかとは思いますが、意識の高さにギャップがあるように感じます。ギャップというか、二極化しているような気もします。

毎日、放射能について不安を抱えて生活することはもちろんイヤですし、目には見えないモノだしいい加減解放されたい、
本当に危険なモノなのかどうかも疑問、等々様々な意見はあるでしょうが、
私たちは3.11の事故をなかったことにはできません。これだけは確かなことだなと感じます。
だから、3.11以前と同じ意識で生きていくことは許されないと私は考えています。

私自身が日々の生活の中で自分と家族にできることは、「食」によって免疫力を高め、さらに放射能の排出能力を高めていくこと、その一言に尽きます。
どんなものを食べればいいのか、何に気をつければいいのかを少しでも広めることができたらいいなと思っています。

今回、新しい出会いもありました。地域でもっともっといろんな人とツナガルことができればいいなと思います(^^)

kaoru


子供たちを放射能から守る全国ネットワーク
http://kodomozenkoku.com/

放射能汚染から子供を守ろう@守谷
http://forchildrenmoriya.blog104.fc2.com/

放射能汚染から子供を守ろう@取手
http://forchildrentoride.blog.fc2.com/
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

tsubutsubu:hatakecafe

Author:tsubutsubu:hatakecafe
活動内容

♪つぶつぶ(雑穀)と旬の野菜を中心とした不定期カフェ(ランチ会)を開催中
 つぶつぶ料理を知って、味わって欲しい! 
♪美味しくて幸せになるつぶつぶ料理を広めるための料理教室の企画。
 身体と心に美味しい簡単つぶつぶ料理を自宅にも取り入れて欲しい!
♪食を見直すことで、生活や環境、森林に目を向けられるような活動・勉強会の企画。
 学生時代に偶然にも森林について勉強した2人なので、いつか森林にも繋げていきたい!
♪女性の意識を変えていくきっかけづくり、働くママのサポート、子育て中ママをつなげていくこと等で最終的には世代を超えて地域全体を繋げることが夢。
 今だからこそ、女性たちを繋げていきたい。食べ方を変えることで生き方を変えることを提案したい!


主なスタッフ(居住地:茨城県)
kaoru
20代の不摂生がたたって三十路で疲れやすい体になったことから食に目覚め、つぶつぶに出会う。2011年3月に8年間勤めた職場を退職。いまは、子供好きが生じて朝夕、近所の保育園で働いている。現在、1歳児担当。つぶつぶカフェにてクッキングクラブまで受講済。食、森林、心身の健康がテーマ。趣味:料理、フェイシャルマッサージ、気功、お酒

hiroko(6月いっぱいで活動休止します!)
自然の中にいることが何より好きな小5、小2の男の子の母ちゃん。子供のアレルギー・喘息をきっかけに食について勉強を始めた。マクロビオティックの勉強を経て、つぶつぶに出会う。つぶつぶカフェのクッキングクラブ受講済。趣味:畑、山歩き、藪こぎ、料理、お酒


スタッフへの連絡先:
tunagarucafe★
yahoo.co.jp(★を@にして送って下さい)
※メールアドレス変わりました!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。